bar

ホームわが家はツーバイフォー>44 姉妹2家族の家づくり

わが家はツーバーフォー

わが家はツーバイフォー

姉妹2家族の家づくりで暮らしの感動が2倍

写真:外観
2つでどう見えるかを追求した外観:
装飾が映えるヨーロピアンテイストのM様邸(左手)と、アールの壁を強調したモダンテイストのY様邸(右手)。2棟の白の塗り壁と門構えが融合し、1棟にも2棟にも見えるという狙いを達成。

仲良し姉妹が、妹の結婚を機に、それぞれの住まいを同じ敷地内に計画。隣接する2棟両方に最高の居住性を備えることができたのは、(株)ハウゼのチームワークのチカラです。その強力なパートナーシップは、2棟の家づくりに、建てる楽しみと住む喜びという注文住宅の醍醐味をもたらしました。
完成から2年。中庭を挟んで建つ姉家族(M様邸)と妹家族(Y様邸)の暮らしは、隣居ならではの安らぎと豊かさに満ちています。

2棟は中庭を挟む配置に

「2家族の家づくりは、1つの敷地に2つの家を建てるという観点で、土地の使い方から考えていきました」と、設計者の宮島さんは説明します。ごく自然に交流がもてる隣居の住まいをコンセプトに、敷地の間口中央に大きな門を設け、アプローチと奥の庭をつなぎ、共用スペースと位置づけました。そして、その中庭を挟んで向かい合うそれぞれのリビングがプランの軸となりました。
宮島さんはY様邸の設計者。M様邸の設計者・田主さんと、お互いの建物が影にならない気遣いのプランニングや、陽光を住まいに呼び込む開口部の取り方など細部にわたり、連携して設計を詰めていきました。

写真:木造で実現できる最大の開口を有するリビング

2家族が集う共用の中庭:
2棟に挟まれ、両方のリビングから出入りできる。芝生とタイル敷きのテラスで、休日はバーベキューを楽しむ。


個性と調和を備える2棟の外観

2人の設計者は「1棟にも2棟にも見える」という視点で、外観デザインを追求しました。M様邸は四角のフォルムに装飾を施してエレガントさを、Y様邸はアール型をすっきりと仕上げてシンプルさを表現し、個性と調和を生みだすことができました。

写真:ドライエリアはシャワールーム 写真:コンクリート打ち放しの地階のトレーニングルーム

向き合うように斜めに配置した玄関ポーチ:
大きなアールを描く4段の階段アプローチの両脇に、2棟は向き合うように斜に構える。2棟の玄関ポーチ灯と門灯はおそろい。


エレガントがテーマのM様邸

エレガントがテーマのM様邸
邸宅を象徴するエレガントな玄関:
床には大判鏡面タイル、壁にはイタリア産の天然石を使用。ホワイトを基調とし、ブラックのロートアイアンがアクセントになっている。この階段手すりとクリスタルのシャンデリアがエレガントな雰囲気を醸し出している。

エレガントな雰囲気を好む奥様は、玄関やLDKのパブリックゾーンに、こだわりの意匠を取り入れました。空間に華やぎをもたせるシャンデリアやロートアイアンの装飾、パープルとグレーをアクセントに使ったカラーコーディネートです。
一方、ご主人の思いは、2階のプライベートゾーンに込められました。寝室の隣にバー空間を設け、そこからテラスに出られるようにしたのです。ここへは南側の浴室からも出られます。屋内動線はテラスとリビングの吹き抜けの間に渡り廊下のようなスペースを確保。ご夫妻とも、満足感を味わっています。

写真:大理石ペルリーノを使用した玄関

天然石の壁がリビングのフォーカルポイントに:
ソファー正面のテレビカウンターの背面の壁とDKとの境の壁(耐力壁)に、天然石モナコグレーを使用。

写真:大理石ペルリーノを使用した玄関

長さ2mのチェコのシャンデリアに魅了されるリビング:
グレーベースにダークブラウンがブレンドされた大理石モナコグレーと、テーマカラーのパープルのソファーが醸す落ち着いた雰囲気。夜はシャンデリアが輝き、上品な華やぎに変わる。

写真:大理石ペルリーノを使用した玄関

色調を変えたダイニングとキッチン:
右手のキッチンスペースはホワイトを基調とし、明るくさわやかなイメージにした。左手のダイニングスペースはネイビーやブラックのダークな色調を用い、またシャンデリアを設置して、ゴージャスなイメージに仕上げた。

写真:バー

ホテルライクなプライベート空間:
ご主人こだわりのバー空間はオープンテラスと主寝室に隣接する。主寝室は北側に面するが、南側のコーナーをカットして大きな窓を設けた。ベッドヘッドの壁の後ろと左手にウォークインクロゼットがある。

写真:主寝室
写真:パウダールーム

間接照明やダークな色調を用いた落ち着いた雰囲気のパウダールーム:
サニタリーは2階に配置。南側にバルコニー、北側にはオープンテラスがあり、浴室から直接出入りできる。オープンテラスの先にはバー空間があり、ご主人が希望した動線となっている。


シンプルがテーマのY様邸

シンプルな雰囲気を好むご夫妻の意向を汲み、導き出されたデザインは、「シンプルといっても素材感をなくすわけではない」ということ。天然石や大判タイルなど高級感のある素材を使うとともに、配色を厳選して見え方としてシンプルな趣にしていくのです。
玄関を入ると目に飛び込んでくるのは天然石の壁。階段を隠すことで、空間のシンプルさが強調されています。ホールからリビング、その奥のDK入り口の壁にも天然石。アクセントカラーはネイビーやこげ茶の濃い色。リビングのソファーや浴室の壁、主寝室の床のカーペットや天井のクロスに用いています。

写真:玄関階段 写真:玄関ホール

タイルの床と天然石の壁が高級感をもたらす玄関:
アイストップとなる天然石の壁の後ろに階段がある。蹴上げ部分があいているので、2階の吹き抜けからの明るい日差しが1階に導かれる。カーブした上がりかまちはステンレス製。

写真:リビング

大きな窓から南側の明るい光が入るリビング:
吹き抜けを有する縦への伸びやかさ、テラスを有する横への広がりが最上級の心地よさをもたらす。DVDを楽しむスピーカーを天井に設置。間接照明の下の横板にスクリーンを設置することも可能。

写真:ダイニング・キッチン

吹き抜けのアールの腰壁がなごみを高める:
リビングの吹き抜けに、外観デザインの象徴となっているアール壁を用い、優しい趣と、2階の廊下にゆとりを生み出した。

写真:ダイニング・キッチン

白いアイランドキッチンが清潔感あふれるダイニング・キッチン:
キッチンカウンターを囲み、大人数で料理を楽しめる。今後、家族構成やライフスタイルが変化した場合は、現在、食卓のある東側を個室にする予定。将来を見据えたプランニングにより、ツーバイフォー工法でも容易にリフォームできる。

写真:v
写真:浴室

明るく優しい雰囲気のパウダールーム
奥様の希望によりナチュラルテイストに。五角形というスペースに合わせて洗面台と収納棚を造り付けた。

ご主人こだわりの坪庭のある浴室
壁とサッシは濃いブラウンに。窓台の奥行を伸ばし、空間を広く見せるとともに、坪庭を鑑賞する演出の役目を果たす。

写真:プライベートスペース

寝室+コンサバトリーの充実したプライベートスペース:
床のカーペットと天井クロスはテーマカラーのネイビー色。コンサバトリーとバルコニーの床を25cm上げ、フラットにつながるようにした。


スタッフからのメッセージ

(株)ハウゼ
プランニングプロデューサー 田主 健二さん(右)/チーフプランナー 宮島 進さん(左)

プランニングプロデューサー 田主 健二さん/チーフプランナー 宮島 進さん

「わが社は真の注文住宅を建てます。プランだけでなく、構造体も材料もフリーで、使い勝手の細部にも配慮し、ワンオーダーでつくります。また、プランナーひとり一人が主軸となり、各々の感性でお客様の要望を汲み取っていくので、よりよい設計へと最善を尽すことができます」と田主さん。
「営業担当や設計者、コーディネーター、施工の部隊も、みんな内部のメンバーです。成功した体験だけでなく、諦めたことや困難だった実態も社内で共有し、次の仕事に生かすことができます。私たちは1棟ごとにレベルアップし、それがお客様の満足につながるのだと思います」と宮島さん。
2人の話を締めくくるように、「わが社の強みは設計陣と施工部隊の惜しみない努力」と営業の崎原さん。出産を控えているY様が語った「いい住まいに住んでいると運気がよくなるのですね。ハウゼで建てて、幸せがたくさん舞い込んできました」という話を添えてくれました。


スケッチ
打ち合わせに用いられたスケッチ。
2棟それぞれに設計者やコーディネーターがつき、納得がいくまで話し合いが重ねられた。

 

DATA
敷地面積/450.04m2(136.14坪)
  M様邸 Y様邸

1階床面積

87.17m2(26.37坪)

85.34m2(25.82坪)

2階床面積

79.08m2(23.92坪)

76.47m2(23.13坪)

延床面積

166.26m2(50.29坪)

161.81m2(48.95坪)

設計・施工/(株)ハウゼ
URL:http://www.houze.co.jp/
TEL:045-912-1000

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事

 

前のページへ

ページの先頭へ