bar

ホームわが家はツーバイフォー>20 豊かなセカンドライフを楽しむための家

わが家はツーバーフォー

わが家はツーバイフォー

豊かなセカンドライフを楽しむため選んだのはツーバイフォー

外観写真1

▲外観全景。グリーンの瓦屋根とベージュ系のタイルの外壁が明るさのなかに落ち着きを感じさせる。
外壁は光触媒により汚れが付着しにくく、メンテナンス性にもすぐれている

建て替えによって これまでの不満はすべて解消 快適な住み心地を満喫

K様邸を訪れたのは晴天の一日。冬のやわらかな日差しを受けて佇むお住まいは、和風の庭と一体になってしっとりとした風情を醸し出していた。

ご家族はご夫妻とお子さん2人だが、現在、ご次男は首都圏に在住。同県内にお住まいのご長男が週末に帰宅されるものの、普段はご夫妻だけの暮らしである。お住まいの建て替えは、ご主人の定年退職を機に、これからのご夫妻の暮らしをより充実したものにするために計画されたものであった。

以前の家はご主人のご両親から受け継がれたもので、築後約60年。堂々たる木造家屋ではあったが老朽化が進んでいたうえ、ご結婚後、ご夫妻が同居されてから増改築を繰り返すうちに使い勝手にも問題が出てきていた。

「何しろ冬場の寒さはこたえました。台所と食事の場が10m近く離れていたので料理を運ぶのもたいへんでした」と奥さまは、当時を振り返られる。

そんな奥さまの苦労を知るご主人は、これまでの不便さや不都合をすべて解消することを前提に、建て替え計画をスタートされたのである。

まずは工法選びであるが、ご主人は、お仕事の関係でさまざまな住宅関連の会社とおつきあいがあったのだが、そのなかから、これぞ、と選ばれたのがツーバイフォー住宅メーカーだった。

「私は事務職だったので、詳しいことはわかりませんでしたが、信頼できる同僚が建てたのがツーバイフォー住宅だったことから、多分いいのではないかと思いまして(笑)。また、以前から営業担当の方の人柄に惹かれていたこともあって、迷わず決めました」と、ご主人。

「住んでみて驚いたのは、その快適さです。LDKはオープンな間取りですが、夏は1カ所のエアコンだけで全体が涼しく、冬は床暖房だけでポカポカと暖かい。同じ場所でも、建物の性能によって大きな違いが出ることを実感しました」

一緒に新居に移った猫たちも思いは同じようで、日だまりのなかで気持ちよさそうに寝入っていた。

 

暮らしにフィットする 開放的で動線のよい間取り 将来への備えも万全

写真:スロープ状のアプローチ
▲スロープ状のアプローチを進むと、既存の庭が目を楽しませてくれる

課題のひとつであった室内の動線については、つながりのよい部屋配置によって各室が短い動線で結ばれ、特にご夫妻が1日の大半を過ごすLDKはそれぞれが独立性を保ちながら開放的につながり、奥さまは大満足のご様子である。

将来の高齢化への備えも万全で、アプローチはスロープ状、玄関の上がり框の段差はごくわずかで、室内の床は段差なく続く。廊下や階段は1m幅を確保。階段は通常よりステップを2段増やし、手すりを連続させるという安全設計となっている。

さらに、階段の上り下りが負担になったとき、1階にご夫妻の寝室に転用できるようにと予備の洋室も設けられた。お仏壇のある座敷と一体にも使えるこの部屋は、大勢での集いにも対応する。

「実は座敷を南側にするかどうかでかなり悩んだのですが、自分たちの暮らしを第一に考えるという当初の目的を優先して、このカタチにしました。毎日きちんとお参りしているので、ご先祖さまも許してくれるでしょう(笑)」とご主人。

現在、ご主人は新たな仕事を得て週日は勤務されているが、週末にはご長男も交えて談笑する機会が増えたとか。

「これもこの家の居心地がよい証しではないかしら」と奥さまは、笑顔で語ってくださった。

写真:玄関とリビング
▲日差しをたっぷり取り込めるリビング。右手の壁上部には、廊下の採光・通風のために室内窓が設けられている ▲明るい色で仕上げた木部が清々しい玄関ホール
写真:ダイニングとリビング
▲ダイニングは、お手持ちのダイニングセットに合わせてグリーンをポイントに ▲団らんの中心になるのは南に面して並ぶリビングとダイニング。間は引き戸によって適宜、分離・融合できる
写真:和室とキッチン
▲座敷と一体に使うこともできる洋室は、将来、ご夫妻の寝室に転用する計画 ▲キッチンは、ダイニングと対面するセミオープンスタイル
写真:階段と長男の部屋
▲2階のご長男の部屋。南側には広いバルコニーが続く ▲段数を増やし、勾配を緩やかにした階段。手すりも完備し、安全対策は万全

 

DATA
敷地面積/461.78m2 (139.68坪)
建築面積/114.23m2 (34.55坪)
1階床面積/104.90m2 (31.73坪)
2階床面積/64.74m2 (19.58坪)
延床面積/169.64m2 (51.31坪)
設計・施工/株式会社大栄コンストラクション
URL:http://www.dechome.com/

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事

 

前のページへ

ページの先頭へ