bar

ホームわが家はツーバイフォー>16和のテイストと自然素材の家

わが家はツーバーフォー

わが家はツーバイフォー
細長い空間で奥行き感を味わう

 

決め手になったのは「広い空間づくりならツーバイフォー」の一言

正面外観
▲外観は、シンプルでモダンなデザイン。
   ホワイト系サイディングの外壁が青空に映える

 大阪府南東部のベッドタウンの一角。都心に近い距離ながら東に金剛山地、南に和泉山脈を望み、自然も多く残る丘陵地にT様邸は建つ。ご家族はご夫妻と小学生・中学生のお子さんの4人。新たな生活の場を探していらしたご夫妻は、十数年住み慣れた地で環境もすばらしく、お子さんたちにとっては同じ学区内となることからこの地を選ばれ、住み替えを計画されたという。
 すでに平面プランは3年ほど前から考え始められ、リビング、ダイニング、寝室をはじめ、玄関ホールや階段にも十分の広さを確保したいという想いからメーターモジュールを採用することに決定。このプランを持って住宅展示場を巡ったご夫妻は、コンタクトをとった数社の中で信頼関係を深めた住宅メーカーに相談。「広さを確保するにはツーバイフォーがもっともふさわしい」と薦められ、即決されたという。

「ツーバイフォー工法のことはよく知っていたし、スタッフが丁寧にアドバイスをしてくれたおかげで、細かな部分の変更はあったものの、ほぼ思い通りの家づくりができました」と、ご主人は満面に笑みを湛えて語ってくださった。
 サイディングの外壁が印象的な外観は、シンプル&モダンな表情。街路に面する南面に窓を多く設けた開放的な設計ながら、敷地が道路より高い位置にあり、塀の上にアルミフェンスを設けることで外部からの視線をカット。プライバシー保護にも配慮したつくりとなっている。
 玄関ホールも、土間を長いL字形にすることで、来訪者が玄関ドアを開けた際に室内全体が目に飛び込んでこないようにするなど、巧みな設計でプライバシーを守っている。

リビング

玄関

▲玄関ホールの土間は長いL字形。ドアを開けても室内の様子が丸見えにならず、プライバシーが守られる

▲土間の天井は一部が吹き抜け、差し込む陽光と珪藻土の塗り壁やナチュラルな木の仕上げがぬくもりを感じさせる


和のテイストや自然素材にこだわって安心・快適なわが家を実現

キッチン
▲客間となる和室。半畳の琉球畳や珪藻土の塗り壁、床の間の鏡面塗装の落とし掛けと地板など、すべての仕上げにご主人のこだわりが息づく。安らぎの雰囲気を高めるため、地窓の外に坪庭も設置されている

 モダンな外観に比べ、室内に入ると和のテイストと自然の素材が全体に取り入れられ、あたたかく身体を包み込む。これも、広さとともにご主人が強くこだわられたことだった。
 たとえば玄関ホールは、壁は珪藻土の塗り壁で、土間には磁器質のタイルがポーチから続く。ホールからリビング・ダイニング、キッチンにいたる床のフローリングは、自然塗料塗りのムクの内地杉で仕上げられ、素足になるとその感触が何とも心地よい。

 リビングは、その感触を直に味わえるようにと、掘り座卓によるフロアライフスタイルとしている。
「本当は、リビングも畳敷きにしたかったんですよ」とおっしゃるほど和風にこだわられたご主人。その美意識は、客間である和室に集約されている。
 また、安全性にも配慮が行き届き、2階への階段は段数を16段とし、勾配を緩やかに設定。幅も広く、上り下りが楽に行える。
 広さに、美しさに、そして暮らしやすさにも配慮されたT様邸。家づくりを終えてご主人は、満足のほどをこう語ってくださった。

「実際に住んでみて、ツーバイフォー住宅にして本当によかったと思っています。断熱性や気密性は思っていた以上に優れていると実感しています」

ダイニング

▲シンプルな空間に彩りを添える装飾スペースが随所に設けられているのもT様邸の特長。右の写真は2階ホール。奥さまのご希望によって赤いバラの花がデザインされ、吹き抜けからの光を受けて美しい輝きを見せる

ダイニング リビング

▲ダイニングはリビングとワンルームで、キッチンとはカウンターをはさんで対面する。床はムクの内地杉を採用。表面は自然塗料で塗ってあるが、木の質感をそのまま活かしている。天井の化粧梁は松の集成材

▲掘り座卓のあるリビングは、ご家族全員のお気に入りの場所。空間の大きさは、座卓の大きさに合わせて決められたという

ダイニング

▲階段は幅広で途中に踊り場があり、段数も通常より多めの16段。手すりも完備し、安心して上り下りができる

階段踊り場より2階のフロアを見る。広さの確保は家づくりの命題であり、階段もゆとりたっぷり。大きな広がりが心地よい

リビング

DATA
敷地面積/316.00m2 (95.59坪)
建築面積/114.21m2 (34.54坪)
1階床面積/112.13m2 (33.91坪)
2階床面積/101.79m2 (30.79坪)
延床面積/213.92m2 (64.71坪)
設計・施工/津田産業株式会社
URL:http://www.tsuda.co.jp/

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事

 

前のページへ

ページの先頭へ