bar

ホームわが家はツーバイフォー>14吹き抜けが家中を結ぶ家

わが家はツーバーフォー

わが家はツーバイフォー

最高の環境に似合う最高の家は居住性能も抜群

外観写真
▲外観全景。広い間口いっぱいにゆったりと配された建物はバランスも見事。外壁は平型タイルに割肌を加え陰影を演出

宮城県仙台市の郊外には、優良な住宅団地が数多く開発されている。広い道路、四季折々に目を楽しませる街路樹……広い区画にゆったりと配された家々は開放感にあふれた外構デザインで、敷地内にも樹木が多く、その街並みは、アメリカやカナダを思わせる美しさである。
O様邸が建つ一帯も豊かな自然に包まれた明るい住宅地。白いタイルを張りめぐらしたO様邸の外観はひときわ明るく、堂々たる佇まいを見せている。
ご家族は現在、若いご夫妻のみだが、お住まいは奥さまのご両親との同居に備えて計画された。
「二人とも、この土地の人間ではありませんが、この環境に勝る場所はないと思い、居を構えることにしました。家内の両親にとっても、将来生まれる子供にとっても、最高の環境だと思います。だからこそ家にもこだわり、この土地柄にふさわしい家づくりを目指しました」と、ご主人はおっしゃる。
計画を進めるにあたり、住宅展示場を訪れたご夫妻は、精力的にモデルハウスを見て歩いた。そのときお二人の心をとらえたのがツーバイフォー住宅だった。
「最初は外壁のタイルが気に入り、中に入ったのですが、室内が実に気持ちのよい暖かさで、これはいいと思いました。蓄熱暖房のせいかと思いましたが、後から聞いたらツーバイフォーの気密・断熱性能の高さが均一した暖かさを生み出していたんですね」と、奥さま。
その特長を活かして、O様邸ではリビングの吹き抜けを中心に玄関からLDK、2階ホールまでが一体となる開放的なプランになっているが、1、2階に各1台の蓄熱暖房機によって家中が快適な暖かさに包まれるという。念のために木造軸組構造を手掛ける住宅メーカーにもプランニングを依頼されたところ、同じ規模の建物で6台は必要だと言われ、「その性能の違いにびっくりしました」と奥さま。
竣工時は真夏。とりわけ暑さの厳しい時期だったが、「外出から帰り、家に入ると涼しく、助かりました」と、四季を通じてツーバイフォーの高性能を肌で感じる毎日だとのことである。

▲2階ホールよりリビングを見る。濃い色で仕上げた木部とオフホワイトの壁がシンプルななかに重厚感を生み出すインテリアに、ご夫妻の感性が息づく

リビング階段は、お子さんが生まれ成長したとき、部屋への出入りをしっかりチェックできるようにとご夫妻が希望されたもの。木製の手すりがインテリアのポイントにも活かされている

 

 

▲室内は中心にあるリビングの吹き抜けを介して縦・横につながり、家族がどこにいても互いの気配を感じ合える。開放的な空間構成だが、ツーバイフォーの高性能により四季を通じて快適な環境が実現

▲リビングと玄関ホールもオープンに続き、玄関を入ると全体が見渡せ、大きな広がりを感じさせる。床はフィンランド生まれの高熱乾燥特許技術で薬剤を使わずに加工されたフローリング。耐久性が高く、独特の味わいがある

 

素材やつくりにこだわって細部まで重厚感のある自慢のわが家が実現


▲キッチンは奥さまのご要望で対面式とし、IHクッキングヒーター、オール電化を採用。いつも整然としておきたいと、キッチンの裏側に大容量のパントリーが設けられた

打ち合わせの際は「こんなに言ってもいいの?」と思うほど、ご自身たちの夢や思いを住宅メーカーにぶつけたというご夫妻。優良な住宅地であるが故に、その環境を保つため厳しい地域協定があるなかで、「初めての家づくりでしたが、設計・施工会社の適切なサポートによってすべてが思い通りになりました」と、口を揃えておっしゃる。
暮らしやすい間取りもさることながら、幅木や室内ドアなど細かな部分にこだわりをもっていらした奥さまは、重厚感のあるつくりにも満足されている。
「一生を過ごす家ですから、法外なお金はかけたくないけれど安っぽいイメージだけは避けたかったのですが、標準仕様のものでも選択肢が多く、どれも品質のよいものばかりでした」
なかでもお気に入りは、玄関から廊下、LDKまで続く床のフローリング。また、開口部は浴室を除くすべてに気密・断熱性に優れたヨーロッパ製の木製サッシを採用。これは内側に開くほか、閉めたまま上だけ内側に倒すことで換気もできる。吹き抜け上部の天井も木張り。階段手すりも木製。シンプルななかに重厚感が漂うインテリアである。
「外の景色もいいけれど、家の中の眺めも好き!ここにいると時がゆっくり流れるような気がします」という奥さまの言葉には、深い満足感がにじみ出ていた。

▲ご両親のために用意された和室は南に面し、快適な環境。二人だけのくつろぎはここで、就寝は手前のベッドルームで

▲窓のほとんどは、ヨーロッパ製の木製サッシ。気密・断熱性に富み、閉じたまま上部を内側に倒すことで換気ができる

▲2階ホールにカウンターを設置してご主人の書斎代わりに。将来はお子さんの勉強コーナーにもする予定とか

 

DATA
敷地面積 / 313.91m2 (94.95坪)
建築面積 / 108.81m2 (32.91坪)
1階床面積 / 97.10m2 (29.37坪)
2階床面積 / 66.24m2 (20.03坪)
延床面積 / 163.34m2 (49.41坪)
設計・施工  (株)北洲 ハウジング事業部
URL:http://www.hokushu.net/

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事

 

前のページへ

ページの先頭へ