bar

ホームわが家はツーバイフォー>13二世帯の想いを反映させた家

わが家はツーバーフォー

わが家はツーバイフォー

親世帯と子世帯それぞれの想いをプランに反映した暮らしやすく遊び心あふれる家

せっかくなら親子で仲良く一緒の生活を楽しめる家 家族の想いが最上の形になった

外観写真
▲収納階の設置により変化に富んだ外観が実現。その変化を強調するように外壁をダークブルーとオフホワイトのツートン仕上げとし、個性的な表情を創り出している

のどかな田園風景の中に佇むR様邸は、息子さん夫婦との二世帯住宅。当初、息子さん夫婦が暮らす離れを建て替えて母屋とつなぐ案も検討されたが、「親子一緒に新しい家で暮らそう!」という息子さん夫婦からの提案によって、同じ敷地の中に新たに居を構えることになったという。
二世帯住宅といっても、キッチンや浴室はひとつ。
「これもお嫁さんが、2カ所に分けるより1カ所のほうが広くできるし、経費も節約できる、何よりみんな一緒がいいと言ってくれましてね」と、うれしそうに語る奥さま。
一方ご主人は、「それぞれの寝室を別の階に設け、息子たちのためにミニキッチンのあるフリースペースを用意することで、ほどよい距離を保ちながら仲良く暮らせる家が実現しました。間取りもおもしろいものになりましたしね」と、間取りの面でも新しい家がすっかりお気に入りのご様子である。
そもそもツーバイフォー住宅を建てるに至ったのも、さまざまな工法を検討した末、ツーバイフォーは設計の自由度が高く、自分たちの想いをプランに反映しやすいと判断されたからだったという。
「耐震性や耐火性に優れている点も気に入りました。でも一番の決め手はT社の営業担当者の対応ですね。家族一人一人の想いをよく聞き、理解して、プランに反映してくれました。年齢的にも近く、何でも話しやすかったし、今でも良き友人としてつきあっています」と、息子さん。
お住まいになってからは、以前の家とは比べものにならないくらい快適な住み心地に、ご一家揃って大いに満足されているとのことである。

親子二世帯が集うLDKは広いワンルーム。「とにかく明るい空間に」というご家族の要望により、壁・天井のクロスや床のフローリングは明るい色で仕上げ、ダイニングセットやキッチンのパネルに濃い色を採用、メリハリのある構成としている

▲和室は仏間兼客間。風格あるつくりだが、綾波柄の畳や聚楽風のクロスなど新感覚の素材も採用。大勢の集いはここで

▲キッチンは対面式。大人3人が立っても余裕のある広さを確保。LD側とは雰囲気を変えたいとのご要望により、床はここだけタイルに。色はキッチンパネルとコーディネート

▲コーナーの配管スペースは円筒形にして仕上げの色を変え、ポイントに

▲1階に設けられたご夫妻の寝室。2階との間にある収納階の分を吹き抜けにしたため天井が高く、気持ちものびのび。

 

収納階をつくることでおもしろいプランを創造 快適な暮らしと省エネも実現

玄関
▲1階と2階の間に設けた収納ルーム。二世帯分の荷物を入れてもなお十二分の余裕がある。窓も多く、将来はお孫さんの遊び場にもなりそう

ご主人曰く「おもしろいプラン」となった理由のひとつは、2階建ての申請ながら1階と2階の間に収納階を設けたことによる。このフロア、広さは14・5畳分と大容量で、2階ホールから直接出入りができ、天井高が1・4mあるので荷物の出し入れも楽に行える。また、この分の高さを活かして、1階のご夫妻の寝室を吹き抜けにすることができた。息子さん夫婦の寝室とフリースペースは、2階からさらに階段を7段上がったところに設定され、通常の2階より高い位置になった。これによって親子それぞれの専用スペースにほどよい距離感が保たれ、プライバシーの確保にも役立っている。
この他、息子さん夫婦の書斎の出入り口の壁をアール状にしたり、ご夫妻の寝室の配管スペースを円筒形にするといった遊び心のある工夫は、T社の現場監督からの提案によるものだという。また、住宅の内装関係の仕事に従事されている息子さんは、小さな明かり取り窓を随所に設けるといった楽しい工夫もプラス。さらに、奥さまのご要望で「24時間熱交換換気システム」や太陽光発電システム、オール電化を採用したことで快適性の向上とともに驚くほどの省エネが実現。
「この家は冬暖かく夏涼しいから冷暖房も最小限ですみましたし、言うことなしです!」と奥さまは、高性能なツーバイフォーに大満足の様子であった。

▲2階の洋室。現在はゲストルームとして活用しているが、将来、子供室2室として使用できるように2カ所にドアを設け、収納部も十分に用意

▲リビングの点景にもなっている坪庭は、この下にある井戸を残すための工夫でもある

玄関 玄関は広く収納も充実。床は、素足で靴を取りに行けるように収納部の前の部分を一段高くし、タイルの色を変えて土間との区分を明確に
 
DATA
1階床面積/103.92m2 (31.44坪)
2階床面積/77.0m2 (23.30坪)
延床面積/180.93m2 (54.73坪)
設計・施工/(株)大成住宅
URL:http://www.taisei-jyutaku.co.jp/

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事

 

前のページへ

ページの先頭へ