bar

ホームわが家はツーバイフォー>05中庭を活かした防犯住宅

わが家はツーバーフォー

わが家はツーバイフォーリード分

重視したのはセキュリティ


写真
▲リビング。道路側(左)には高い位置に小さな窓を設けているだけだが、中庭に向けて上下に大きな窓が設けられ、実に開放的。大畠様のたっての希望で、中庭越しにガレージの愛車が眺められるように設計されている。

周囲は閑静な住宅地、緑豊かな神社に隣接する好立地に建つ大畠様邸。施主は、商業施設の環境プロデューサーであり、イタリア家具・建具・設備機器の輸入・販売や内装工事などを手がける大畠和広様。お仕事柄、家づくりの際にも徹底してデザインにこだわり、設計打ち合わせにほぼ1年をかけてご自身の感性に合う家を創り上げられた。

イメージしていたのは、外に対しては閉ざし、中では存分に開放感が味わえる家。これは、防犯性を高めるという意図もあってのことだという。

そこで考えられたのが、中庭のあるプラン。敷地を最大限に有効利用するため、建物を道路境界線ギリギリに建て、門も建物と一体化。外からの視線を建物自体で遮り、ガレージも建物にビルトイン。外から中の様子を窺うことはできないが、門扉を開けるとそこには中庭が広がり、驚くほど開放的な別世界が開ける。

.

写真
▲和室。建具を開けて隣接するリビングと一体に使う時のため、インテリアはモダンなイメージに。

また、中庭をはさんでリビングとガレージが対峙し、リビングに居ながらにして愛車が眺められるのも大畠様邸の特徴。リビングやガレージの窓の大きさ、位置は、椅子やソファに座った時の視線に合わせて決められている。車好きの大畠様ならではの工夫である。愛車はカーマニア垂涎のドイツのスポーツカー。「リビングから車を眺めているだけで、仕事の疲れも吹き飛びます」と、大畠様。

リビングは、2階までの大きな吹き抜け。セキュリティへの配慮から、道路に面する側の窓は少なく、高い位置に設けられているが、中庭に面する上下2段の大きな窓から日中は光が存分に入る。神社に隣接する側にも高窓があり、桜や紅葉など四季折々の自然も楽しめる。

内に目を転じると、吹き抜けの中間の位置にダイニングキッチンが見える。敷地の広さの制限もあっての間取りではあるが、食事とくつろぎの場が上下に分かれながら空間的にはつながりを保ち、双方に落ち着きをもたらすという絶妙の空間構成となっている。ホームパーティの際は、中庭からリビング、ダイニングキッチンまで、さまざまな場所で談笑の輪が広がるという。楽しい風景が目に浮かぶようだ。

.

写真3   写真4 写真5 写真6  
   

▲和室前の通路から坪庭を見る。畳の上に座った際の視線に合わせ、窓は低い位置に設定

 

▲建物に付帯する門扉は、外からの視線を適度に遮るため、透過率を70%に指定して孔を空けた特注品。門扉の奥には中庭が広がる。玄関は中庭の奥。床にはイタリアの天然石を敷き詰めた。中庭をはさんでリビングに対峙するガレージは、ギャラリーのよう。床も中庭と同じタイルで仕上げている

 

 

ツーバイフォー設計の柔軟性を活かしオリジナリティ豊かな家が実現


写真
▲ リビングは、大きな吹き抜けを介して2階のダイニングキッチンとつながる。西側の高窓からは隣接する神社の樹木が見え、桜や紅葉の季節の眺めは格別だという

システムキッチン、収納家具、建具などには、ご自身が輸入・販売を手がけるイタリアの製品を随所に取り入れ、床・壁などの仕上げも自ら吟味してコーディネートされた大畠様。お住まいには、建築の様式や和風・洋風の枠を超えたオリジナリティが感じられる。

「それを可能にしてくれたのがM社です。施主の想いを柔軟に受け止め、その実現のために努力してくれました。設計についても、敷地がL字形でプランニングしにくい条件であったにもかかわらず、要望をすべて満たす結果が得られました。それだけ、ツーバイフォーが設計や施工に柔軟性のある構造・工法なのだと思います。当初は、建物のイメージから鉄筋コンクリート造も検討したのですが、コスト面、耐震性・断熱性などを比較してツーバイフォーという結論に達しました。ですから、設計やインテリアに関してここまで自由にできるということは、うれしい誤算でした。おかげで、すべての面で妥協のない家づくりができました」と、大畠様。

ご入居後は、優れた断熱性により、全館空調・換気システムが効果的に機能し、四季を通じて快適性を実感されているという。

.

写真 写真 写真  
▲ キッチンは対面式。調理や後片づけをしながら階下のリビングの気配も感じられる。イタリア製のシステムキッチンは"用と美"を兼ね備える逸品   ▲家族の集いの中心となるダイニングキッチン。ここからも窓外に神社の自然が手に取るように眺められる   ▲ ダイニングよりリビングを見下ろす。この空間のインテリア・イメージは"アジアンテイスト"。窓には木製のブラインドを採用し、壁には一面だけ麻のクロスを貼ってアクセントに。ほの明るい照明もこだわりのひとつ  

 

設計・施工/三菱地所ホーム(株)
URL:http://www.mitsubishi-home.com/

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事

 

前のページへ

ページの先頭へ