ヘッダーバー

ホーム「名作マンガの住まい」>美人三姉妹が住む『キャッツ・アイ』来生邸

美人三姉妹が住む『キャッツ・アイ』来生邸




建築面積:117.13u
延床面積:290.20u
工  法:ツーバイフォー工法
用途地域:近隣商業地域

★喫茶店『キャッツアイ』。美術品専門の盗賊『キャッツアイ』。名前が一緒。盗賊専門の特捜班のメンバーは、この喫茶店で、しかも大声で捜査状況を話し合っている。これってちょっと考えられない。中には疑ってる捜査員もいるんだけど・・・。普通、気がつかないかなぁ。

★さて、この建物は店舗(喫茶店)併用住宅。喫茶店は美人三姉妹が経営している。大通りのしかも広い歩道に接道する好立地。お店と居住区との行き来は倉庫からできるようになっており、さらに外からも出入りできる。アリバイつくりに好都合か?

★ 2階にはLDKと長女・三女の部屋。3階は二女の部屋。いずれ結婚するとなれば、誰が出て行くのか?誰が婿をとるのか? せめぎあうところ。転がり込んできた、内海刑事の恋人・二女の瞳が最有力候補!

 
模型アニメーション 模型アニメーション
   


名作マンガの間取り

【作者紹介】
影山 明仁(かげやま あきひと)
『名作マンガの間取り』(ソフトバンククリエイティブ刊)著者。間取り探偵(iemaga.jp)連載中。 1964年福島県郡山市生まれ。宮城県仙台市の建築会社を経て、岩手県盛岡市で不動産業・建築コンサルタント業を営む。依頼を受けて描いたプランは2500を超える。常に月に5件のプラン依頼を抱え、その設計に行き詰まるとマンガの間取りを作図して息抜き。マンガやテレビで屋内のシーンが出てくると、頭の中でCADを動かしている自分がいるという。
http://blogs.yahoo.co.jp/kenzoo882000/archive/2009/04/12
*この図面は、MEGA SOFT 3DマイホームデザイナーLS2で作図しています


   

 

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事

 

前のページへ

ページの先頭へ