ホーム事業者向け情報工法技術設計の手引・構造計算指針

工法技術

技術に関するQ&A集

枠組壁工法建築物 設計の手引及び構造計算指針に関すること

以下の項目についてダウンロードの準備中です。

<計算事例>

事例3 枠組壁工法4 階建て構造計算例
(平13 国交告1540 号第9 号に基づく保有水平耐力の計算)
事例4 枠組壁工法3 階建て共同住宅構造計算例
事例5 軒高9 m を超える枠組壁工法建築物構造計算例
事例6 枠組壁工法4 階建て構造計算例(限界耐力計算例)

<付属資料>

1.“Midply Wall System”の設計に関する資料
2.枠組壁工法6 階建て仮想プランによる建物重量等参考例
3.タイダウン金物の計算例

枠組壁工法建築物 設計の手引及び構造計算指針に関すること

これまでに当協会へ寄せられた「枠組壁工法建築物設計の手引・構造計算指針」に関する質疑への回答をウェブ版としてまとめとました。
2007年版は現在掲載中です。なお、2018年版は2019年1月ごろから掲載予定です。

旧版2007年枠組壁工法建築物 設計の手引及び構造計算指針 Q&A 2011/03/01
  2018年枠組壁工法建築物 設計の手引及び構造計算指針 Q&A 2019/01/頃掲載予定

枠組壁工法建築物 設計の手引及び構造計算指針に関すること

「2018年枠組壁工法建築物設計の手引」「2018年枠組壁工法建築物構造計算指針」
のご案内

枠組壁工法建築物 設計の手引及び構造計算指針に関すること

 

案内

2x4工法のさらなる理解と品質向上を目的に、当協会では、告示改定による技術基準、CLT・国産材等の追加材料等の改定事項の周知、ならびに中高層・大規模建築物の増加に対応した高強度耐力壁、6階建、大臣認定2時間耐火等、の技術基準解説のため2018年11月8日〜12月13日全国で講習会を開催しました。

 

  講習内容
  T.告示改正による、コーナー開口緩和、追加高倍率耐力壁
   (片面4.8倍)、CLT床・屋根対応等の基準の解説
  U.中高層・大規模建築物対応のため高強度耐力壁
   (ミッドプライウォール等)の例示・6階建て計画の留意点
  V.新規構造材料の追加・国産材・欧州産の材料関係規定解説
  W.大臣認定2時間耐火構造、告示仕様1時間耐火構造、
   大規模建築物・3階建学校建築の防火技術基準



 

 

 

 

 

このアイコンはPDF ファイルです。
PDF ファイルを閲覧・印刷いただくためには、Adobe Readerが必要です。

 

 

前のページへ

ページの先頭へ