ホーム事業者向け情報協会活動報告>安全衛生活動

協会活動報告
安全衛生活動

当協会では、会員の低層住宅建築工事における労働災害防止と快適な作業環境づくりを推進するため、各種活動を行なっております。主な定期的に実施している活動は、労働災害発生状況調査の実施と報告書の作成、「オリジナル安全ポスター」の作成・頒布、現場安全パトロールの実施、安全作業基準書の作成・配布、職長教育研修会の実施などです。

第50回 全国建設業労働災害防止大会 住宅部会

安全作業基準書:各作業手順書のダウンロードはこちら会員限定

(2017/07/20 更新)


ツーバイフォー住宅の労働災害状況調査報告書

当協会では毎年一般社団法人住宅生産団体連合会からの依頼に基づき、低層住宅建設工事における現場労働災害の状況について調査します。報告書では、過去5年間の労働災害発生状況を調査報告書として取り纏め、会員に配布します。

 

画像:労働災害状況調査報告書
災害発生率・グラフ

平成27年 ツーバイフォー住宅の労働災害発生状況報告書

 

安全意識高揚のための「オリジナル安全ポスター」頒布

労働安全ポスター(H29年夏季用)

全国安全週間<7月1日〜7月7日(準備期間6月1日から6月30日)>および年末年始労働災害防止強調月間<12月1日〜1月15日>を参考に年2回、オリジナルポスターを作製し、希望会員会社に対して販売しています


現場安全パトロールの実施

画像:安全パトロールの実施

会員会社より工事中の物件を選定し、当日、現場にて参加者全員で開始前のミーティングを行った後、協会版の安全チェックシートを用いて、一現場約40分のパトロールを実施しています。
パトロール終了後に協会会議室に集まり、指摘事項と他の模範となる良い対策事例についてプロジェクターを使い発表し、意見交換を行います。



安全作業基準書の作成・配布

画像

今まで、当協会では建方工事、玉掛け基準、解体工事など9種類の作業手順書と塗料の取扱い基準などの4種類の作業手順書詳細を作成し、安全作業の基準書として会員は使用しています。



安全作業基準書の例
  ・作業手順書:建方工事
  ・機材・工具使用許可基準1:脚立
  ・安全チェックシート(全般:低層住宅用)
  ・安全指示書
   
 安全作業基準書のダウンロード会員限定


職長教育研修会の実施

実施風景の写真

当協会では、労働災害の発生の予防・抑制に向け、会員及び取引関係のある職方、建設工事現場の安全関係管理者を対象に労働安全衛生法第28条の2「危険性・有害性等の調査及び必要な措置の実施(リスクアセスメント)」に対応した職長教育研修会を実施し、修了者には会長名で修了証書を発行しています。




前のページへ

ページの先頭へ