ホーム事業者向け情報協会活動報告>環境への配慮 CO2削減を、住宅から

協会活動報告

環境への配慮 CO2削減を、住宅から

地球温暖化をはじめとする環境問題は、生態系に深刻な影響を及ぼすものであり、重要な課題として社会全体で取り組む必要があります。
特に温暖化防止のためには家庭部門でもCO2削減への対応が必要であり、環境負荷の少ない住宅を提供するとともに、住まい方を含めた取組みも重要となっています。

協会では「環境にやさしい木造住宅」であり、さらに「高い断熱性と気密性」を有し、「基本性能が高く長寿命」なツーバイフォー工法による住宅・建築の普及を推進するとともに、昨今の省エネ要求への対応を中心とした「環境行動計画」を定め、その推進に取り組んでいます。

 

画像:環境行動計画

協会としての環境対策

〜環境負荷の削減
会員が取り組む「第3次環境行動計画」がスタート!
(1)低炭素化推進 (2)資源の活用 (3)環境経営の
3項目について具体的な活動内容を策定しています。

くわしくはこちら
写真:冨永様邸外観

長持ち住宅、ツーバイフォー

〜高耐久・長寿命化を推進
基本性能が高く、長寿命なツーバイフォー住宅。
北米では既に100年を超える住宅が多数存在しています。

くわしくはこちら
画像:エネルギー消費を抑えるツーバイフォー住宅

エネルギー消費を抑えるツーバイフォー住宅

〜住宅の省エネルギー化を推進
省エネ化を推進する数多くの技術で、生産時から居住時まで、トータルにCO2の排出を削減しています。

環境にやさしいサステナブル住宅
 〜第4回サステナブル住宅賞受賞「岩手・矢巾の家」〜

くわしくはこちら
写真:植林

地球にやさしいツーバイフォー住宅

〜環境にやさしい木造住宅
木は、大気中のCO2を取り込んで地球上に固定化する植物であり、計画的な伐採・植林で、繰り返し生産できる持続可能な住宅材料です。

くわしくはこちら

 

前のページへ

ページの先頭へ